センター事業団4つの目的

ケアを通じて誰もが安心して暮らし続けられるまちづくりを目指して

私たちが考える “コミュニティケア”とは

制度の枠を超えて誰もが “ともに生きる” 居場所や地域をつくるケア(コミュニティケア)を全国で展開しています。
また、地域住民と共にコミュニティケアづくりを担うケアワーカーのあり方を深め合う取組みです。

・誰もが住みなれた地域で、互いの力を活かし合い、生きがいをもって最後まで暮らし続けることを、地域のみんなで支え合うしくみ

・「個人の尊厳」を守り、発展させること~この世に生まれた一人一人が、自分であることを尊んでその人らしく自らの人生を全うすることを大切にするケア

・誰もが住み慣れた地域で自分らしくはたらき、安心して暮らし続けることを支え合うケア

虐待防止の取り組みについて

私たちは、誰もが住み慣れた地域で、自分らしく尊厳をって暮誰もが住み慣れた地域で、自分らしく尊厳をって暮いくことが大切なことだと考えております。そのためには、ケアの質向上を目指すことは必要不可欠です。不適切なケアにより虐待を招く可能性もあるため、援助・援助・支援技術、虐待防止虐待防止などの研修会の開催や日常的な関わりを通して啓発し、利用者に関わるひとり一人が虐待す意識を高め、ケアの質向上とQOLの改善に向けた取組みを行っていきます。