総合建物管理・物流

協同組合間連携を通した、事業・運動の相互発展を目指しています

美観の維持と衛生の清掃「労協ブランド清掃方式」

本分野は、医療生協・民医連との提携で始まった建物総合管理事業を起点として、労協草創期からの基幹的な事業としての経験を経て、コミュニティ施設、保育施設、商業施設等の管理へと発展してきました。また、感染症等の対策に有効な「労協ブランド清掃」は、医療施設や高齢者施設以外の施設でも実施しており、施設利用者の感染防止に貢献しています。
 協同組合連携事業は、生協・農協等の施設管理・庫内業務やハウスクリーニング・エアコンクリーニング・庭の手入れなどの個人宅へのサービス業務を含めて、就労に困難を抱える人達の就労体験から自立を促す役割を果たしてもいます。

各協同組合との連携事例

1. 医療生協・民医連との提携では、病院、診療所、薬局、高齢者施設の清掃・設備管理や患者送迎・往診車両の運転、売店の運営等々の業務提携を行っています。中でも、病院清掃は感染対策に焦点を当てた「労協ブランド清掃」を確立し、全国の医療関連施設、高齢者施設で実施しており、建物管理の中で中核的な事業になっています
2.消費生協との連携では、生協店舗の清掃、配送センターでの仕分け・積み込み等の業務提携。生協組合員宅のハウスクリーニング・エアコンクリーニング・庭の手入れなどの個人宅へのサービス業務などを行っています。
3.農協関連では、食品加工センター内の野菜加工、豆腐製造などの業務提携や物流センターでの庫内業務の提携などを行っています。全国で、地元農協の協力を得て休耕地を活用した、米や野菜の栽培も始まっています。
4.その他の連携では、みやぎ生協の組合員家庭や城南信用金庫の利用者家庭からの廃食油を回収し、その油をバイオディーゼル(BDF)燃料に生成・販売する取り組みを通して、循環型エネルギー社会の創造にも挑戦しています。(宮城県大崎市、東京都大田区)

多様に広がる施設運営