• TOP
  • 活動と歩み
  • おしらせ・活動報告
  • 事業所一覧
  • お問い合わせ・アクセス
  • 「全国から」一覧

m点E

東京バイオマス地域福祉事業所 あぐり~んTOKYO開所(2015.3.20)

お知らせ

「東京で使った廃棄物を 東京で再生し 東京で再利用する」
「人にやさしい循環型地域づくり」をテーマに、
使用済み天ぷら油を回収し、バイオディーゼル燃料に再生するBDF工場の
開所式が3月20日に大田区大森糀谷の工場見学のあと、行われました。

あぐり~んTOKYO BDFプラント設備

あぐり~んTOKYO BDFプラント設備

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左から 柴山地福事業所あぐり~んの石井大輔さん、原田工場長、 あぐり~んTOKYO工場長 魚住亮輔さん

 

あぐり~ん開所式

開所式で看板を披露 永戸理事長と吉原理事長が除幕


 

開所式には、羽田神社賛助講や三原通り商店会、劇団銅鑼、
NPOセンターなどの人たちが心のこもった歓迎のあいさつをしてくれ、
城南信用金庫(85店舗)の吉原理事長は、
「東京砂漠にも油がいっぱいある。
それをBDFに再生紙地域環境と子どもたちの明るい未来をつくろう。期待している」と激励。

同信用金庫の山藤専務も「食堂を持っている支店から、回収に協力していく」と話してくれ、
町内会や地域・信用金庫・ワーカーズコープがダッグを組んで、大きな可能性が広がっています。