• TOP
  • 活動と歩み
  • おしらせ・活動報告
  • 事業所一覧
  • お問い合わせ・アクセス
  • 「全国から」一覧

m点E

藤田孝典(ふじたたかのり)さん講演会 開催しました(2016.1.30)

イベント!

1月30日に東京・東久留米市南部地域センターで
「なんぶ小さなささえあいネット」と
NPO法人ワーカーズコープ南部地域センターが共催する
「藤田孝典さん講演会」を開催されました。
これは一般社団法人日本社会連帯機構の助成金を活用して開いたもので市民など117人が参加しました。
20160130_藤田孝典講演会

藤田孝典(ふじたたかのり)

この講演会は、
「これからの超高齢社会を迎えて、自分たちが主体になって地域で安心して暮らせる社会つくろう」と
ワーカーズコープが運営する南部地域センターの仲間たちと一緒になって
地域の人たちが2年前から準備してきた「なんぶちいさな支えあいネット」(準備会)が、
地域の人たちに「支えあいネット」をもっと知ってもらおうと開催したものです。
「支えあいネット」の奥村喜美子さんは、
「介護保険改正で要支援1・2の人たちが制度の枠からはずされていく。
今までのようなわけにはいかない。みんなで知恵をだして支えていくしかない。
これからが本番です。ぜひ力を貸してほしい」と訴えました。
つづいて、「下流老人」(朝日新聞出版)の著書で
NPO法人ほっとプラス代表、聖学院大学准教授の藤田孝典さんが登壇、
「下流老人は、普通に暮らすことができない下流の生活を強いられている高齢者をあらわす造語です。
ホームレス支援に取り組む中で、誰でもがその境遇に簡単に落ち込むのを見てきた。
貧困問題は個人の責任ではなくて社会的な構造の問題」と指摘し、
高齢者の貧困で特徴的なのは、収入が少ない、貯蓄がない、頼れる人がいない(関係性の貧困)、
あらゆるセーフティネットを失った状態。
若者も危ない。半数が非正規雇用で厚生年金・昇給やボーナスも退職金もない。結婚もできない。
貧困があらゆる世代を蝕みつつある。
社会保障制度をもっと実情に合わせて、変えることが必要。
高齢者の方たちが「年金を、制度をなんとかしろ」と声をあげてほしい。若者もがんばります」と話し、
「話を聞いただけで終わって欲しくない。最初は不十分かもしれないが、それを磨く作業をわいわいやればいい」と激励しました。
2月9日に会議を開き、さらに具体的な方向を決めていきます。