• TOP
  • 活動と歩み
  • おしらせ・活動報告
  • 事業所一覧
  • お問い合わせ・アクセス
  • 「全国から」一覧

m点E

映画「ワーカーズ」 山梨県立大学上映会報告

イベント!

山梨県立大学飯田キャンパス(山梨県甲府市)で映画「ワーカーズ」上映とリレートークが12月21日に開かれ、学生ら123人が参加しました。

この企画を推進してきた山梨県立大学人間福祉部の下村幸仁教授は「これから社会に出て働く学生たちに、1つの選択肢としてワーカーズコープという新しい働き方があることを知ってほしい」と挨拶。下村教授と一緒に映画上映とリレートークを準備してきたワーカーズコープ三多摩山梨事業本部の平山清一本部長が「働く人が主体者となり、地域の課題を地域の人たちと協同して解決していく-協同労働という生きがいのある働き方をみてほしい」と話した後、映画上映。つづいてリレートークでは、実際にワーカーズコープで働いている地域福祉プロジェクトの水胤恵美子さん、指定管理者として学童保育運営している内田結花さん、市委託で高齢者の居場所を運営している斎藤栄治さんが、協同労働での実際の働き方を報告。「地域にニーズがあるのなら、その当事者と一緒にやろうというのがワーカーズコープの働き方だ」という発言が印象的でした。
ワーカーズコープは、山梨にも清掃を中心とする現場をもっており、福祉用具の展開も考えています。また、平山本部長は、「大学の上映につづいて県内で映画上映とシンポジウムの計画がある。社会連帯運動として大きく拡げ、事業拡大にも結んでいきたい」と話しています。