トピックス一覧

トピックス一覧

担い手不足の自治会を協同労働で ワーカーズコープ中志津設立へ(千葉・佐倉)

トピックス

 自治会の担い手不足を協同労働で解決しようと、ワーカーズコープ東関東事業本部と千葉県佐倉市中志津の地域住民による協同労働組織「ワーカーズコープ中志津連絡会(以下、連絡会)」は、「ワーカーズコープ中志津」を立ち上げました。


>全部見る

センター事業団30周年記念式典、盛大に開催される

トピックス

ワーカーズ・コープセンター事業団の30周年を祝う記念式典が、12月16日(土)に東京・池袋ホテルメトロポリタンで行われ、625人が参加しました。


>全部見る

10月7日、8日は全国協同集会in滋賀に参加を

お知らせ,イベント,トピックス

 今年で30周年を迎える全国協同集会。今年は10月7日、8日に滋賀県大津市などで開催。記念講演は山極壽一・京大総長。2日目は23の分科会が行われ、市民による様々な分野での地域づくり、まちづくりの実践を交流します。


>全部見る

「ワーカーズコープ法」 制定へ再出発

トピックス

「ワーカーズコープ法(仮称)制定に向けて、協同組合振興研究議員連盟が4月20日、衆議院第二議員会館で総会を開きました。
総会では、休止状態の「協同出資・協同経営で働く協同組合法を考える議員連盟」の活動を引き継ぎ、「新たな体制で活動を強化することを確認しました。


>全部見る

11月26、27日 全国コミュニティケア集会2016 「ともに生き、ともにはたらく社会をつくる」

トピックス

富める者が奪い尽くす社会、分断され連帯できない地域、市民。孤立と人間疎外が極まり、「この社会のどこにも自分の居場所がない」と感じる人が増えている。ケアを通して、困難や障害を社会に連帯を生み出す力に変えて、誰ひとり排除しない、ともに生きる社会をつくり出せるのか、私たちに問われている。
利用者・市民・働く者がお互いを認め合い、主体者となり、力を合わせる“協同労働”という働き方を通して、ともに生き、ともに働く社会をつくり出したい。弱者支援、制度の限界を超えて、市民の手によるコミュニティケアの創造へ-皆さんの参加を呼びかけます。


>全部見る

ワーカーズコープ特別公開講座開講のお知らせ

トピックス

市民や働く人が主体となり、地域やまちづくりに取り組む協同労働への関心が高まっています。、昨年に引き続き、ワーカーズコープセンター事業団では夏のワーカーズコープ特別公開講座を開催します。皆さんの参加をお待ちしています。


>全部見る

【宮城県・亘理町】多機能型福祉施設「ともにはま道」開所

トピックス

 東日本大震災の被災者の仕事づくりに取り組んでいる労協センター事業団亘理(わたり)事業所(日本労協連東北復興本部、宮城県亘理町)は産直事業などを行っていましたが、障がいがある人の就労支援を軸にした多機能型総合福祉施設「ともにはま道」として、この2月に移転し、再スタート。3月1日に開所式を行い、利用者など約60人が参加。「ハラハラしながら開所を待っていた」「紹介したい人がたくさんいる」などの声が聞かれました。


>全部見る

役割持ち、自分らしく働ける場を 多機能型訓練事業所「あじさい」開所

トピックス

千葉県松戸市のワーカーズコープ「あじさい」は、障害のある人の働く場をつくろうと就労継続支援B型事業と自立訓練機能を併せ持つ、多機能型訓練事業所「あじさい」を15年10月1日に開所しました。


>全部見る

ILOの招へいでフィリピン・マニラで東北復興本部の実践を報告しました

トピックス

労協センター事業団の田中羊子専務ら2人は、8月6日、フィリピン・マニラ市で開催された、ILO(国際労働機関:International Labour Organization)主催のシンポジウムに招へいされ、東北復興に取り組む企業、NPO関係者らと、東北復興本部の取り組みを紹介しました。


>全部見る

石巻サポステがフリースクールはじめる

トピックス

 ひきこもりを未然に防ごうと石巻地域若者サポートステーション(NPO法人ワーカーズコープ)のスタッフらが、フリースクール「石巻フォルケ」を6月9日からスタートさせました。
 8月まではプレオープンですが、テレビ、ラジオ、新聞などで報道され、問い合せも多く、期待の大きさがうかがわれます。


>全部見る